うつ病と診断されても大丈夫|こころが元気になる魔法の治療

ハートを持つ人

再発させない

女性

診療内科や精神外科での治療が順調に進むと、薬がいらなくなるくらい気分が晴れやかになります。気分の浮き沈みもなくなり、不眠も解消されるでしょう。食事も元気だったころまで回復し、味の区別もしっかりついてくるようになります。ただ、うつ病と診断された以上再発を念頭に入れておかないといけません。うつ病は別名心の風邪と呼ばれており、ふとしたきっかけでまた発症します。また、うつ病と診断された時には再発を防ぐ別の治療法を提案することになるでしょう。再発防止は身の回りにいる人たちにも出来ることなので知識を取り入れておく必要があります。うつ病と診断されて、完治するまで相当な時間を費やしますがいったん症状が治まると今後は自殺念慮が本人を襲います。うつ病は非常につらく、何かをする気力さえ失います。適切な治療をしない限り最終的には自殺に追い込まれる可能性もあります。そのため、うつ病のサインを見逃さない事が重要ですが、このサインに気付きいざ治療を開始しても、本人はあの辛さを経験したくないのでいっそのこそ死んでしまおうと考えます。そのため、回復期に突入した時が一番危険なのでこの時期を乗り越える対策を知ることがとて重要になります。うつ病と診断され、治療へ熱心に取り組んでも2.3年以内の半数が再発を繰り返します。また、一度うつ病になった人がまた発症すると以前よりも症状が重くなるので少しでも症状を緩和させるために薬の量を増やすことがあります。うつ病の治療が目指すところは、薬のいらない生活なので再発防止は治療をするうえで大変重要な部分になるのです。うつ病を再発させない方法としては、維持療法が最適でしょう。

うつ症状が治まった後も油断できないため、薬の服用を促すのがいい対策になります。また、うつ病と診断された人が急に服用を辞めると慢性化する恐れがあるため要注意です。薬を減らすためにはいきなりではなく徐々に行なうことを医師らは重要だと感じているのです。また、認知をコントロールすることも再発防止につながるでしょう。この治療は薬と並行して行われますが目的はマイナス思考をプラス思考に変えることなので考え方を改める治療は完治した後も続けることが大切です。ちなみに夜眠れないという症状は、うつ病によくあるものです。また、何度も夜中に目が覚めるのもそうでしょう。症状が軽くなった時に不眠のような兆候が見られた時はうつ病を再発したサインかもしれないのですぐさま医師に相談をすることが重要です。うつ病の症状が薬と他の療法でよくなっても周囲のサポートがなければ無理です。家族なら再発のリスクをしっかり理解することが大切ですし、生活リズムを整えてあげることも忘れてはなりません。うつ病の原因に不規則な生活が関与していますから決まった時間にご飯を食べて夜10時までには寝るという習慣をつけることも改善や再発防止のカギになります。また、仕事がある時は量を調節してもらう事が重要です。この時は周りの社員や上司の協力が不可欠になるでしょう。頑張りすぎたことがストレスになり、うつ病を発症することがあるので抱え込まない量を与えるのが良いです。そしてそっと寄り添うことが何よりも重要なので、再発が見られた時はそばにいるようにしましょう。十分な休息も必要なので、会社勤めの場合は長期間休む必要が出てきます。

Copyright © 2017 うつ病と診断されても大丈夫|こころが元気になる魔法の治療 All Rights Reserved.