うつ病と診断されても大丈夫|こころが元気になる魔法の治療

ハートを持つ人

気分にムラがある

カウンセリング

うつ病を患う患者は日本で100万人以上といわれますが、誤解を生みやすい病でもあります。うつ病を理解していないために、傍から見れば怠けているように見えますが本人はとても辛い状況です。また、誤解を生む理由に脳の異常と心理的なストレスが挙げられるでしょう。うつ病とは何か、そして抑うつ状態とはどのような事を指すのかを知ることで仲間や家族が万が一うつ病と診断されても上手に接することができるのです。うつ病とは、気分が落ち込みイライラしたり、食事が喉を通らない等心と身体に症状が現れる病です。誰でも人はうつのような状態になりますが、うつ病と診断された患者は日常生活に影響を及ぼす場合があります。この状態をうつ症状と呼んでいます。悲観的になり食欲も低下し、何もする気が起きません。不眠に陥り眠気が不規則にやってきます。常に身体はだるく次第に外との関係を断ってしまいます。部屋は荒れ、心そこにあらずの状態なので普通ならおかしいと気づきます。心療内科や精神科で診断された時の様子は、ネットの体験談でも書かれており絶望感が一気に襲ってきたと後に語っています。うつ病とは何かを知ることは、今後自分がうつ病と診断された時に役立つ知識なので頭の中にインプットしておく必要があります。

そこで知りたいのがうつ病と抑うつ状態の違いです。例えばうつ病だと寝る時間が3時間未満、休日出勤は当たり前で休む間もありません。ごはんはカップラーメンを食べ、時折おにぎりを食べるだけです。このような生活が何年か続くと脳のホルモン生成がうまくいかなくなり、うつ病の症状が沢山出てくるわけです。真面目な人は仕事をそつなくこなしますが、その一方で自分の気持ちを全面に出すことが非常に苦手です。過剰に頑張りすぎると脳がオーバーヒートを起こすため、脳内にあるホルモンバランスが崩れてしまうのです。抑うつの状態は、簡単に説明すると自身が望んでいるものと実際に返ってきたものが違ったために起こる身体の反応です。例えば親しい人に挨拶をした時は誰でも笑顔で返してくれると予想します。しかし、挨拶を無視されると望んでいた結果にならなかったため気持ちに大きなストレスがのしかかります。その人に嫌われていると思うだけで落ち込んだりイライラしたりしますが同時に眠れなくなり不眠に陥ります。このような状態を回避するためにも、気にしないことが一番ですがナイーブなハートはそうもいきません。状態が続けばうつ病と診断されるのは目に見えているでしょう。この抑うつ病ですが実は、うつ病よりとても多いといわれています。就職活動や人間関係がうまくいかないという学生が多い日本は、これもストレスになりますしひどくなるとうつ病と診断される可能性が高いです。また心療内科や精神科へやってくる人の大半がうつ病ではなく抑うつ病と診断されるケースがあるのも事実なのです。

Copyright © 2017 うつ病と診断されても大丈夫|こころが元気になる魔法の治療 All Rights Reserved.