うつ病と診断されても大丈夫|こころが元気になる魔法の治療

ハートを持つ人

大きく構える

頭を抱える人

心の風邪といわれるうつ病は、年間多くの人が診断を下されています。昔と違い、とても身近な病気だといえるでしょう。出来るだけ大きな気持ちで構えたいですが、仲間や家族がうつ病を診断されるとあたふたするものです。心が弱いだけではないのか、怠けているだけではないのかなど葛藤がありますが立派な心の病気です。それで世間の風当たりはとても強いと感じます。もし家族や仲間がうつ病と診断された場合、周囲の人がしっかり支えてあげるべきです。また、負担が大きいと感じるのなら心療内科や精神科の助けを借りることも重要でしょう。うつ病と診断された時、批判や矯正、同調し過ぎるという点では注意が必要です。また、家族や仲間がうつ病だと知った時驚きとショックを受けるのが大半でしょう。治るのか、休職中の生活をどう乗り切ればいいのかという悩みが先にくるはずです。批判されることがうつ病患者にとって大きなストレスになりますから優しい言葉をかけるよう気を付けるべきでしょう。とはいえ逆に子供のように過保護になりすぎるとそうさせてしまうのは自分がうつ病と診断されたからだとまた悩んでしまいます。うつ病を治療することで完治させることができても、うつ病を悪化させるような環境なら再発の危険性もあるでしょう。強く批判をする、強制する、同調しすぎる等はなるべく控えそっと寄り添う事がうつ病患者にとってとてもいいといえます。近年は家族向けに開かれているうつ病関連のグループがありますがそこではうつ病の仲間や家族を抱える人たちの憩いの場となっています。ケアをしていて気づいた事、またこの取り組みをしたら症状が軽くなった等、様々な情報を仕入れることができます。さらに近年はうつ病に関する書籍やネット情報も増えているため、理解をさらに深める瞬間になるでしょう。また、うつ病に関連するグループへ加入すれば自分一人だけで悩んでいるわけではないということが分かるので接し方もだいぶ変わってくるでしょう。

どんなに頑張ってケアをしても、本人の気持ちが晴れないのなら意味がありません。その時に頼れるのが心療内科と精神外科ですが、そこでは薬と精神療法を用いて経過観察をします。良くなってきたら薬を減らすなりできますが、経過観察の時点で変化が見られない時は薬の種類を変えて他の精神療法を取り入れていきます。ちなみに、経過観察の部分は経験値が高い医師に任せた方がいいです。仮に本人が元気だったとしてもまだ油断ができないからです。治療を続けるのか、それともいったん止めるのか等は医師が直接診断をするので病院通いは地道に続けるべきでしょう。再発をした時、一度うつ病になった人は前よりもさらに症状が強くでます。最終的に消えたほうが良いのではと感じるようになり、自殺をする可能性が強くなります。正しい対処法としてはどうしたのかと優しく声をかけて相手の辛さを一番に考えます。ポイントは相手に死なないでほしいと訴えかけることです。そこでやっと本人は生きていてもいいのだと思うようになります。そしてこのような状態だからこそ心療内科と精神科が頼りになるので相談をしてみましょう。良いアドバイスをもらうことができます。

Copyright © 2017 うつ病と診断されても大丈夫|こころが元気になる魔法の治療 All Rights Reserved.