うつ病と診断されても大丈夫|こころが元気になる魔法の治療

深刻化すると大変うつ病診断で早めの治療

再発させない

うつ病と診断された時に治療をすると、早い段階で改善する人もいます。また、治療が順調に進むので家族や友人、恋人も一安心でしょう。しかしうつ病は再発率が非常に高いので治ったからといって油断してはならないのです。

食事が関係している

ドクター

三大欲求の一つに食がありますが、うつ病になると食に対する興味が薄れてしまいます。また、何を食べても同じような味だと感じることが多くなるため、徐々に食卓から遠ざかってしまいます。最近の結果では、食事でうつ病を治せることが分かっているので、うつ病と診断されても悲観的になる必要はありません。また、これらの研究は現在進行形で続けられており、今最も注目されている治療法になります。ちなみにうつ病の診断をされた時は血糖値を上げない食べ方やメニューを摂るよう心掛けることが重要です。食後、血糖値がアップダウンを始めるのでよりうつ病を引き起こす可能性が高くなります。また近年の研究ではこの血糖値がうつ病の症状をひどくさせることも分かっているのでなるべく血糖値を抑えるような食事を徹底すべきでしょう。ただ、血糖値のアップダウンには食べるものと食べ方が大きく関わっているのでただ血糖値の少ない料理を食べるだけでは効果を最大限に引き出すことができません。さらに職場や学校の人間関係と違って比較的コントロールしやすい部分になります。一方、血糖値が急激に上昇するとこれをコントロールするためにインスリンを沢山分泌します。この状態になると逆に血糖値が急降下するので低血糖の状態になるでしょう。脳に与える糖が不十分になるのでうつ病の症状を引き起こすことになります。例えば診断の基準になる気分の浮き沈みや憂鬱感、落ち込みやすくなりふとしたきっかけですぐに怒りイライラが止まらない、また目覚めが極端に悪くなるため朝起きるのが大変等の症状はこの血糖値が関係していますい。そのため症状を緩和させるためにも食事内容に気を付けるべきなのです。また入眠するまで時間が空くことも多く、昼間に急な眠気が襲っていきます。決断力が低下し、大事な仕事でも失敗ばかりします。記憶力が落ちる点も診断の時のポイントになるでしょう。上白糖は、血糖値を上げるスペシャリストなのでうつ病と診断された場合は極力控えたほうが無難です。また、GI値が高い食べ物にひじきやわかめ、昆布、きのこ類、納豆、豆類などがありますので血糖値が上がる食べ物にプラスすると血糖値のコントロールを上手に行なえるでしょう。

うつ病の自己診断で、自身が発症していると分かった時は今の食生活をもう一度見直すことが重要です。野菜不足が懸念される今、和食や野菜を中心としたバランスの良い献立を口にすることがこころと身体を元気にするきっかけになります。それが無理な環境なら、心療内科や精神科の治療を前向きに検討することが重要でしょう。うつ病の診断を様々な視点から行ない、患者にとって何が一番良い治療になるのかを提案してくれます。また、状態をしっかりとチェックしてくれるため、治りも早くなるでしょう。

大きく構える

もし家族や仲間がうつ病になった時、どう接したらいいのかわからないものです。何かの間違いではと思いたいですがきちんと診断を受けて治療に備えていきましょう。どんと構えることも大切です。

気分にムラがある

別名風邪といわれるうつ病は、元気な人も発症する危険性が高い病の一つです。また診断された場合はうつ病と抑うつ状態の違いをしっかりと把握しておきましょう。正しく理解するとより接しやすくなります。

Copyright © 2017 うつ病と診断されても大丈夫|こころが元気になる魔法の治療 All Rights Reserved.